30代後半独身男が無職になって、1年が経過しました。総悲観の果てに、未来はあるのか。転職・再就職・独身がテーマの、ネガティブ日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独身。演歌の主人公
2008年04月03日 (木) | 編集 |
※プロフ画像入れました。フリー素材の組み合わせですが。



年齢が今、30代後半。
オヤジ、ですよね、やっぱり...。


日曜日の夜、堂本兄弟という番組に、ジェロさんが出演してました。

歌っていたのは、山本譲二さんの『みちのくひとり旅』。

僕が、10歳くらいのときにリリースされた曲ですね。
いまでも何かでときどき流れるけど、小さい頃から、
なんとなく口ずさんだりすること、ありました。


で、たまに思うし、今回も思ったこと。

演歌の中の主人公たちは、いったい、何歳くらいの人たちなんだろう。

小さいころは、それはもう大人の世界の話だと思っていました。

いや、今聞いても、まだまだ僕より年上の人たちの話だと、
そう思ってしまいます。



でも、もしかして、
主人公たちの世代を、僕はもう、すでに超えてしまっているのだろうか。


主人公たちの演じる、ヘビーな恋愛劇を、僕は体験していない。

それほど1人の女性を、愛したことはない。

別れるくらいなら、
いっそ一緒に死んでしまおう、などと、思ったことはない。


大人として、足りないものがあるのか。
それとも、人として、足りないものがあるのか。


いつか僕も、演歌の主人公に、なれるのかなぁ。



それにしても、ジェロさん。そこ、歌いあげますか?

やっぱ日本海は、演歌が良く似合うなぁ...。

独身?↓      無職?↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。