30代後半独身男が無職になって、1年が経過しました。総悲観の果てに、未来はあるのか。転職・再就職・独身がテーマの、ネガティブ日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無職20日目。減らそう...
2008年04月20日 (日) | 編集 |
煙草です...。

会社辞めてから本数が増え、一日2箱に、近づいていました。
もともと吸う本数は多く、それが、更に、増えてしまった。

いきなり禁煙なんで、できるわけがありません。
なので、せめて、本数を減らす努力をしようと、決意しました。


とりあえず目指すのは、『1時間に1本』。

これならば、一日1箱には届かないはずです。


なんとか、本日は順調です。
きっちり時間を決めて、1時間に1本。

なんか、できそうな気がしてきました。
体調、精神、異常なし、です。

このままどんどん減らしていければなぁ...。


前の会社で、とにかく喫煙にウルサイ、
50代後半の嫌煙者が、数名いました。
その人たちの共通点は、昔、煙草を吸っていたということです。

煙草を昔から吸ったことのない人は、意外と、何も言及しない。
どうでも良いことだと、思っているみたいでした。


『昔吸ってた人が、あれこれ言っても、説得力ないですよ』
と、僕はいつも、反論していた。

いや、こちらの言い分は、決して正論ではないのですけど、
あんた達だけには言われたくないよ、という感じです。

きっと、彼らは若い頃、同じことを、
年配の人達に言われてきたんじゃないか?
だから、自分が年配の立場になり、煙草を止め、
同じことを、若輩の僕達に言いたい、だけなんじゃないか?

なんてことを、考えていたわけです。


でも、禁煙経験者だからこそ、喫煙者を気遣って、だったんだろうか。
いや、とても、そうには、見えなかった。

僕も、20年後に、あの人達の気持ちが、解るのかなぁ。

でも、20年後に煙草止めていないかもしれないし。

いや、そもそも20年後に煙草は存在しているだろうか?


とにかく、止める方向へ向かってみよう、と思ったのでした。


備忘メモ。出費など。

 4/14(月) 0円
 4/15(火) 6,948円
 4/16(水) 0円
 4/17(木) 1,172円
 4/18(金) 1,668円
 4/19(土) 2,033円
 4/20(日) 3,051円
----------------
   合計 14,872円

保険料等は別途振込み済み

 健康保険料 4月5月分 47,652円
 
保険証は、4月19日に受領しました!



今週こそは、ハローワークにいけるかな。

目標は、再就職と、結婚です。FC2ブログランキング
でも行動しない、駄目人間です...。人気ブログランキング
ブログ村ランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。